がん治療で完治を目指すならANK免疫細胞療法がお勧めです

Share on Facebook
LINEで送る

免疫細胞療法で癌治療なら新日本橋石井クリニック

【ANK免疫細胞療法って何?】

がん免疫細胞療法とは、人間がうまれつき持っている免疫力(がん細胞を攻撃する機能)を強化するという、他の療法とは観点の異なる治療法だそうです。

免疫細胞療法の特徴は、がん細胞だけを攻撃し、正常細胞は攻撃しないということだそうです。
その中でも、どんながん細胞でも攻撃するのがナチュラルキラー細胞だそうです。
NK細胞は、人体から直接採取、培養され、活性化された細胞のため、現状全ての癌を攻撃し正常細胞は傷つけない唯一の存在と考えられています。

ANK療法は培地環境が最適になるように頻繁に培養液を全交換し、所定の細胞数になるまで増殖させるというものだすです。

【がん細胞の攻撃スピードが違う】

ANK細胞療法はNK細胞療法より、増殖倍率が高く、細胞個々の攻撃力が高いことが分かっているそうです。
そのため、ANK細胞療法は、他のNK細胞療法と比べ圧倒的な攻撃力を持つとの事です。

投稿日: