癌と宣告を受けたら、一般社団法人 がん治療設計の窓口に相談してみては

Share on Facebook
LINEで送る

がん治療|がん治療設計の窓口

がん治療なのですが、医学の進歩により様々な方法が生まれて来ました。
ただ、実は、一般的な病院では、その治療方法は標準治療が中心になって行われているのです。
しかし、標準治療だけではなかなか、完治まで行かないというケースが多いのです。

特にもう進行してしまったり、あるいはあちこち転移をしてしまったというケースです。
この場合、標準治療の範囲だけですと、治療というともう、延命だけでしかないケースも多いのです。
しかし、先端治療も含めた自由診療にまで方法の範囲を広げると様々な方法があるのを知る事が出来るのです。

例えば、免疫療法と呼ばれる物もあります。
粒子線治療という方法、分子標的薬等もあるでしょう。
そして、ロボット手術等も考えられるのです。

これらの治療方法なのですけれども、残念ながら保険適用外とされています。
しかし、きちんとした科学的根拠を持っている先端治療なのです。
この先端治療と、標準治療を併用する事によって、完治の可能性のパーセンテージを大幅に高める事が出来るのです。

そして、その組み合わせを提供してくれるのが、がん治療設計の窓口なのです。
自分にはもう、完治する見込みは無いのではないかと考える方もおられるかもしれません。
しかし、諦める必要は無いのです。
がん治療設計の窓口で、治療の可能性を高くしましょう。

投稿日: